model course name model course name

「金沢・高山・松本」と世界遺産宿泊プラン

3つ星街道を初めて訪れる方に、ぜひともお勧めしたいプランです。 「世界遺産」あり、「3つ星」ありの、王道コースを満喫しましょう。 日本の本物と出合う3泊4日となるでしょう。

1日目

8:30
松本駅
9:00
image title

松本市

松本城

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。北アルプスを抱いた威風堂々とした姿と、季節ごとに見せるさまざまな表情が美しく、松本のシンボルとして多くの方に親しまれています。

10:30
image title

松本市

そば打ち体験

「和食そば処たかぎ」では、信州ならではの「そば打ち」が体験可能。打ったそばをお土産として持ち帰れますし、その場で食べていくことも可能。大人はもちろんお子様も本格的なそば打ちをお楽しみいただけます。

13:00
image title

松本市

中町通り

松本を象徴するなまこ壁の蔵造りの建物が建ち並び、城下町・松本の風情を色濃く残す通り。 西から東へ抜ける善光寺街道沿いにあり、民芸店やお洒落な工芸店、隠れ家的カフェなどが点在します。

14:00
image title

松本市

縄手通り

15:00
image title

松本市

松本市美術館

正面には、松本出身で世界的に活躍している前衛芸術家「草間彌生」の巨大野外彫刻作品「幻の華」が設置。「草間彌生」をはじめ、松本出身の書家「上條信山」や、信州の山をこよなく愛した「田村一男」の作品など、貴重な絵画や美術資料を展示してます。

18:30
image title

高山市

平湯温泉

奥飛騨温泉郷の中で一番古くからある温泉地です。岐阜県と長野県を結ぶ安房トンネルの岐阜県側の玄関口に位置し、関東方面からのアクセスもよく、上高地や乗鞍岳へのシャトルバスが発着する平湯バスターミナルがあります。

18:45
宿泊地
平湯温泉泊

2日目

8:30
平湯温泉
9:00
image title

高山市

五色ヶ原の森

中部山岳国立公園の南端、乗鞍岳の裾野に広がる約3,000haの広大な森林を、完全予約制のガイドツアーで巡ります。貴重な植生をお楽しみいただけます。

14:00
image title

高山市

food & culture walk

江戸時代から続く酒蔵や伝統の朝市などを専用のガイドとともに巡り、飛騨高山独自の食文化を学ぶ2.5時間のウォーキングツアーをお楽しみください。

17:30
image title

白川村

白川郷バスターミナル

このバスターミナルは、世界遺産北側に位置し、国重文の和田家や城山展望台へのアクセスも便利です。バスターミナル内には、バス待合所、トイレ、観光案内所(バス乗車券販売所)があります。

18:00
宿泊地
世界遺産の白川郷または五箇山合掌造りに宿泊

3日目

8:30
世界遺産の白川郷または五箇山合掌造り
9:00
image title

白川村

どぶろく祭りの館

白川郷では毎年秋になると、五穀豊穰・家内安全・里の平和を祈願して神様に「どぶろく」を捧げる祭りが行われます。当館はその「どぶろく祭」の概要や変遷、神事のありさまなどを人形や模型を使って再現した展示・資料館。貴重な資料や遺物が大切に保存され、展示されています。

12:30
image title

南砺市

世界遺産 相倉合掌造り集落

庄川の川面からやや離れた段丘上の、細長い台地に広がる集落。戸数27戸のうち、20戸が合掌造り家屋であり、その多くは江戸時代末期から明治時代にかけて建てられたものですが、最も古いものは17世紀に建てられたものと推測されています。

13:30
image title

南砺市

道の駅たいら「五箇山和紙の里」 和紙漉き体験

越中和紙のひとつとして、国の伝統的工芸品に指定されている五箇山和紙。その手すき体験に挑戦できるのが「和紙体験館」です。合掌造り家屋の館内で、紙をすくという貴重な体験ができるのが魅力。自分で漉いた和紙ではがきやうちわなどを作ることができます。

17:00
image title

金沢市

金沢駅

金沢の玄関口である金沢駅。東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」があります。地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、多彩な催しが行われます。

17:30
image title

金沢市

主計茶屋街

この界隈では昔ながらの料亭や茶屋が建ち並び、夕暮れ刻になると三味線の音が聞こえることがあります。尾張町2丁目の一部でしたが‘99年10月1日に全国で初めて旧町名が復活し正式に主計町となりました。

18:30
宿泊地
金沢市内泊

4日目

6:30
金沢市内
7:00
image title

金沢市

兼六園

百万石前田家の庭園として造られた特別名勝・兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の一つに挙げられます。ほぼ現在の姿に造園されたのは13代藩主斉泰の時代で、「兼六園」の名は宋代の詩人・李格非が書いた「洛陽名園記」に由来し、宏大・幽邃(ゆうすい)・人力・蒼古・水泉・眺望の六つを兼ね備える名園として命名されたと伝えられています。

8:00
image title

金沢市

金沢城公園

加賀藩の居城であった金沢城の城址を整備してつくられた都市公園。 園内には、木造城郭建築として五十間長屋や菱櫓、橋爪門続櫓などの歴史的建造物が復元されています。

9:00
image title

金沢市

尾山神社

明治6年に創建された加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を祀る神社。

10:00
image title

金沢市

長町武家屋敷休憩館

休憩室やトイレ、観光パンフレットや展示コーナーがあります。観光ボランティアガイド「まいどさん」が常駐いていますので気軽に声をかけてみてください。手が空いていれば長町界隈のガイド(約30分)も依頼できます。

11:00
image title

金沢市

鈴木大拙館

D.T.Suzukiとして世界的に知られる鈴木大拙は、金沢が生んだ仏教哲学者です。生誕地そばに建つ当館は、「玄関棟」、「展示棟」、「思索空間棟」を回廊で結ぶとともに「玄関の庭」「水鏡の庭」「露地の庭」によって構成されています。

14:00
image title

金沢市

金沢21世紀美術館

2004年10月9日にオープンした、ガラス張りの円形美術館。金沢市の中心に位置しています。「まちに開かれた公園のような美術館」を建築コンセプトとし、誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いの「場」となるような美術館を目指しています。

15:30
image title

金沢市

金沢市指定保存建造物 ひがし茶屋街・懐華樓

築194年の金沢で一番大きなお茶屋。金沢市指定保存建造物。

17:00
image title

金沢市

近江町市場

始まりは1721年。以来、金沢の食文化を支える「市民の台所」として親しまれています。平成21年4月に「近江町いちば館」が誕生。日曜営業も始まり、新たな賑わいを見せています。

Copyright (C) 2017 Mitsuboshi Kaidou. All rights reserved.