model course name model course name

自然と温泉、世界遺産を見に行く冒険コース

3つ星街道を初めて訪れる方に、ぜひともお勧めしたいプランです。 「世界遺産」あり、「3つ星」ありの、王道コースを満喫しましょう。日本の本物と出合う3泊4日となるでしょう。

1日目

11:30
金沢駅

12:00
image title

金沢市

兼六園

百万石前田家の庭園として造られた特別名勝・兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の一つに挙げられます。ほぼ現在の姿に造園されたのは13代藩主斉泰の時代で、「兼六園」の名は宋代の詩人・李格非が書いた「洛陽名園記」に由来し、宏大・幽邃(ゆうすい)・人力・蒼古・水泉・眺望の六つを兼ね備える名園として命名されたと伝えられています。冬の風物詩・雪吊りや梅苑の紅梅白梅など四季折々の自然と、代々の藩主たちによる絶え間ない築庭の妙が織りなす景観は、屈指の美しさと雄大さを生み出しています。

13:00
image title

金沢市

金沢城公園

加賀藩の居城であった金沢城の城址を整備してつくられた都市公園。 園内には、木造城郭建築として五十間長屋や菱櫓、橋爪門続櫓などの歴史的建造物が復元されています。

14:00
image title

金沢市

石川県観光物産館

日本三名園のひとつ「兼六園」のそばにある「石川県観光物産館」。石川・金沢の有名・老舗の銘菓・佃煮・伝統工芸品など名産・特産品を一同に集めた商業施設です。

15:00
image title

金沢市

武家屋敷跡野村家

長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡。代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しており、格式を重んじた当時の様式を見学できます。

17:00
宿泊地
夕食・宿泊金沢市内

2日目

9:00
金沢市内
10:00
image title

南砺市

井波彫刻総合会館見学

平成5年7月、井波彫刻の魅力を発信する施設として誕生。井波別院瑞泉寺の伽藍配置をモデルにした館内には、欄間や獅子頭、天神様をはじめ、現代彫刻・工芸作品など、250年余の伝統を誇る井波彫刻の粋を集めた作品が約200点展示されています。

11:00
image title

南砺市

道の駅井波「いなみ木彫りの里 創遊館」 彫刻体験

「彫刻のまち井波」で、オリジナル作品を制作してみませんか?小学生以下のお子様は、キットを組み立てる木工体験を親子で楽しめます。

12:00
合掌の里 もしくは ドライブイン山甚

13:45
image title

白川村

旧遠山家民俗館

この家屋は建築年代が文政10年(1827)頃で、能登の大工によって建てられたもの。その後一度改築されて150年たった今も屋内は黒光りし、外観もどっしりとした威容を誇っています。

15:00
image title

白川村

白山国立公園

平瀬温泉郷から県道白山公園線(県道白山公園線)を約13km行った先には、白山国立公園大白川園地があります。大白川にはブナやミズナラなどの原生林をはじめ手付かずの自然が残る場所です。

18:00
image title

高山市

高山駅

18:30
宿泊地
高山市内泊

3日目

9:00
高山市内
10:00
image title

高山市

高山陣屋

元は高山城主金森氏の下屋敷の一つでしたが、飛騨が徳川幕府の直轄地になってからは、江戸から来た代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。現在、郡代役所が残っているのは全国でもここだけです。

11:00
image title

高山市

飛騨高山思い出体験館

さるぼぼづくりやせんべい焼き、陶器絵付け和風タペストリーなどの手作り体験が予約なしでお楽しみいただけます。

14:00
image title

高山市

新平湯温泉

奥飛騨温泉郷の中心に位置し、国道沿いに小規模から大規模まで、それぞれに個性と魅力のある宿泊施設と、多くの飲食店やお土産店などが立ち並ぶ温泉地です。

18:00
image title

松本市

上高地

梓川の上流部(標高約1,500m)に位置する、日本屈指の山岳景勝地。シンボルである河童橋から臨む穂高連峰や焼岳はまさに絶景。蒼く澄んだ梓川、新緑のケショウヤナギなど、四季折々の風景が楽しる山岳リゾートです。特別名勝・特別天然記念物に指定。

18:30
宿泊地
上高地または白骨温泉泊

4日目

9:00
上高地または白骨温泉
14:00
image title

松本市

松本城

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。北アルプスを抱いた威風堂々とした姿と、季節ごとに見せるさまざまな表情が美しく、松本のシンボルとして多くの方に親しまれています。

15:00
松本駅

Copyright (C) 2017 Mitsuboshi Kaidou. All rights reserved.