to Option ticket web page

真田邸

真田邸

長野市

江戸時代の大名家の御殿として、その姿をよくとどめている真田邸(新御殿)は、江戸時代末期(元治元年=1864年)に、松代藩9代藩主・真田幸教が、母・貞松院の隠居所として建築したもので、明治維新以降は、真田家の私邸として使われていました。昭和41年(1966年)に真田家伝来の宝物とともに、長野市に譲渡され、今に至ります。
座観式の日本庭園が四季折々の彩りと風情を楽しませてくれます。

詳細情報

住所

長野市松代町松代1

電話番号

松代文化施設等管理事務所026-278-2801

利用時間

9:00~17:00(入場16:30まで)

休日

原則として無休 (※くん蒸期間中)

駐車場案内

真田宝物館前駐車場:大型バス3台、乗用車約20台

料金

真田邸 個人 一般:300円/小・中学生:100円  団体 一般:250円/小・中学生:80円 ※他三館共通券(真田宝物館・文武学校併用)一般:800円/小・中学生:300円 ※土曜日小中学生無料

Copyright (C) 2017 Mitsuboshi Kaidou. All rights reserved.